HOME レストラン情報 お問合せ

「人と地球の健康を考える」をテーマに、菜食によって、限りある資源を分かち合い共存していく、
人にも地球にもやさしい『21世紀のライフスタイル』を提言します!

NPO法人 日本ベジタリアン協会へようこそ  

ベジタリアン協会

>> - English Version -

 

日本ベジタリアン協会(JPVS)は、1993年4月設立、2001年2月に特定非営利活動法人(NPO法人) の認証を受けた非営利団体です。 

 

「人と地球の健康を考える」2分30秒の動画はココをクリック!

 

をテーマに菜食とそれに関連した健康、栄養、倫理、生命の尊厳、アニマルライツ、地球環境保全、発展途上国の飢餓などの問題に関する啓発や奉仕を目的とし、菜食に関心のある人々に必要な知識や実践方法を広め、共有していくためのネットワークづくりを行っています。


菜食やベジタリアンのライフスタイルに関心をお持ちの方の入会をお待ちしております。

 

>> 代表理事による挨拶

 

 


今後の本協会主催・後援・出展イベント等(2019)

 

              

004月17~19日 プレミアム・フードショー2019(東京ビッグサイト)出展

004月21日 ベジタリアートミュージック「MUSIC SHOWER」
(神戸市中央区・デザインクリエイティブセンター神戸)協力・協会員無料招待

    

004月28日 九州ヴィーガンフェスvol.2(福岡県福岡市・舞鶴公園)後援

    

005月03日 第3回ヴィーガンフェス富山(富山県・富山駅南口広場)後援

    

005月12日 日本ベジタリアン学会認定アドヴァイザー資格1日取得講座
        (東京都新宿区・つぶつぶセミナーホール)

005月18日 東海・関ミニベジ集会(岐阜県関市・ヴィーガンカフェAKIMO)

005月23日 マハトマ・ガンジー生誕150年記念「べジフェス in インド大使館」
        (東京都千代田区九段南)

006月16日 フェスタ2019懇親会案内(大阪市北区・大阪国際会議場)

        

006月16日 第4回日本ベジタリアンアワード授賞式懇親会案内(大阪国際会議場)共催

 

007月13日 日本ベジタリアン学会認定アドヴァイザー資格1日取得講座
        (大阪市中央区・大阪ボランティア協会)

011月24日 日本ベジタリアン学会共催・東京講演会(新宿区・つぶつぶセミナーホール)

 

以上のほか、各地でセミナー(ミニベジ集会)等を開催します。 加えて全国各地でベジタリアニズム啓発、環境保全、動物愛護、途上国援助などのイベントを後援します。 イベント等は変更されることがあります。お問い合わせは事務局まで!

 

新着ニュース

19/04/15 日本ベジタリアンアワードにノミネートされた、「ヴィーガン子育てプロジェクト」永井佐千子さんがフードジャーナル4月号「今日は、ベジ気分!」に紹介されました。

19/04/12 ブラジル・サンパウロ市の学校給食にミートフリーマンデーが導入されました。現在、市内3500以上の学校で「肉無しメニュー」が提供されています。


19/03/15 日本ベジタリアンアワードにノミネートされた、野田雅之さんがフードジャーナル3月号「今日は、ベジ気分!」に紹介されました。

19/03/12 日本ベジタリアン学会理事で女性初の学会認定マイスターの大谷ゆみこさんが
『オトナ女子は人生を食で奏でる』(幻冬舎メディアコンサルティング)を全国書店で発売。Amazon売れ筋ランキング・女性と仕事部門2位!(単行本1位)


19/03/07 オタフクソースは業界初の「有機JAS認証マーク+JPVS推奨ヴィーガンマーク」の両方を取得した『有機お好みソース』を新発売しました。この商品は環境保護・健康維持といった有機食品とベジタリアンの共通した嗜好に着目してつくられました。(日本食糧新聞)


19/03/05 インド大使館と本協会との共催イベント打ち合わせのために垣本代表が大使館を訪問して文化センター長のシン教授と懇談しました。


19/03/05 東京都主催「外国人旅行者受け入れ事業」(東京ドームホテル)講演報告のブログをアップしました。


19/02/26 協会共出展山田くん家のグリ-ングッドな1日(ヤマダ電機LABIなんば4階)の報告がブログにアップされました。


19/02/19 協会共催 健康教室「ガンと菜食―発ガンのメカニズムを学ぶ―」(三重・織戸カイロプラクティック)の報告がブログにアップされました。

     

19/02/15 日本ベジタリアンアワードにノミネートされた、(株)ニッコクトラストがフードジャーナル2月号「今日は、ベジ気分!」に紹介されました。

19/02/06 テレビ東京「NEWSモーニングサテライト」によれば、1月にラスベガスで開催されたCES(次世代技術革新の世界的見本市)に、ビヨンドミート社が植物性100%バーガーを出品し、ニューヨークポスト誌が「最も感銘を受けた新商品」と評価しました。代用肉市場は2025年までに年平均8%程度の成長が見込まれ、米国食肉大手のタイソンフーズがこの会社に投資したことが報道されました。

19/02/05 協会後援 第8回ミートフリーマンデーナイトの報告がブログにアップされました。

19/02/01 第4回日本ベジタリアンアワード・ノミネーターが授賞式の詳細等とともに公表されました。北は北海道から南は沖縄県まで「人にも地球にも優しい」60件を超えるノミネーターが選抜されています。

19/01/24 衆議院にインバウンド・ベジ対策に関する質問書提出される!
「インバウンドに対応したベジタリアン・ヴィーガン対策に関する質問主意書」が松原仁議員(衆・無所属)より、昨年12月4日に衆議院に提出されました。訪日外国人客が急増するなか、2017年には約130万人のベジタリアンが来日している。このようなベジインバウンドが急増している中、政府による早急な対応が必要であるとした上で、的確な認証制度の必要性や、国連IPCC報告書の地球温暖化を食い止めるためには個人が取るべき行動として「肉など動物性食品」を控えることなどが記述されている。この主意書をきっかけに行政によるベジ対応の更なる推進を願っています。

19/01/15 JPVS推奨の「dd-coffee」を製造販売されている、清水印刷紙工㈱の清水宏和さんがフードジャーナル1月号「今日は、ベジ気分!」に紹介されました。

19/01/11 世界5大流通大手の英国スーパーマーケット「テスコ」は、ヴィーガン料理を提供する「ウイキッドキッチン」を開店しました。同時に自社スーパーでは植物性由来製品に明確な表示を採用しています。

     

19/01/01 謹賀新年【日本型菜食の発信とベジ国際基準の啓発】
  英、米、カナダ、ブラジル、タイなどで開催された「IVU世界会議」で垣本代表により「日本の菜食や日本人の菜食調査」などが講演され、本協会は海外でも日本型菜食を積極的に紹介する団体として評価されてきました。 また、米国栄養・食料アカデミーなどが発表するベジタリアン医学・栄養学や環境科学の最新情報をお伝えしています。 国内では来年開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けて外国人旅行客の増加と共に国際基準に則したベジタリアン食の表示が求められ、諸官庁の依頼に対応してそのアドバイスを行っています。来日された外国ベジタリアンに「嘘や曖昧な」表示食品の横行はその国の国際的評価を低下させかねません。 25年に渡って菜食(ベジタリアン食やビーガン食)の振興を図ってきた本協会は、これらの提言を矛盾することなく解説し、菜食とベジタリアニズムの啓発を続けて参ります。

    

18/12/15 日本ベジタリアンアワードにノミネートされたMFMAJスタッフの安藤賢香さんがフードジャーナル12月号「今日は、ベジ気分!」に紹介されました。

18/12/04 第4回日本ベジタリアンアワード最新情報(http://www.jvawd.org/)をアップしました。協会HP左上のバナーからご覧になれます。

18/11/29 大阪講演会「仏教と食」および「日本ベジタリアン学会大会」の報告がブログにアップされました。

18/11/21 フジTVの「めざましテレビ」で、本協会認定レストランの自由が丘「T'sレストラン」の大豆ミート料理が紹介されました。T'sレストランは東京都主催「外国人旅行者受け入れ実地研修レストラン」に選出されています。

18/11/15 日本ベジタリアンアワードにノミネートされたこころカイロプラクティックの織戸啓さんがフードジャーナル11月号「今日は、ベジ気分!」に紹介されました。

18/11/12 協会後援 九州ヴィーガンフェスの報告がブログにアップされました。

18/11/08 【ATTENTION】「ビーガングルメ祭り、卒業します!」by AMEBLO.JP
  10月20日に上記タイトルでアメバブログにリリースされた文書を協会FBでシェアしました。
東京ビーガングルメ祭り中止に関する意見が掲載されていて、以前このイベントを後援していた関係で情報提供が必要と考えてアップしました。協会FBには会員であるなしに関わらず多種多様なコメントが寄せられています。今後、このイベントへの関わり方の参考資料として掲載しています。
  現在、協会はこの団体と何ら関係はありませんが、以前に後援を行っていた事については多くの反省点を見出しており、この経験を今後の全国でのべジ・ビーガンイベントの振興に役立て、我が国における市民レベルのべジタリアニズム啓発を続けて参ります。

18/11/08 大阪市環境局主催ECO縁日2018の報告がブログにアップされました。

18/11/01 科学雑誌『Newton』12月号でビーガンの特集が組まれ、「植物からでも十分にタンパク質は摂れる」との米国栄養・食料アカデミーの見解が紹介されました。

18/11/01 東海名古屋ミニベジ集会の報告がブログにアップされました。

18/10/26 国連・気候行動賞2018を受賞した国際的NPOの ProVegによりVegMed「プラントベース栄養会議」がロンドンで2019年10月に開催されます。菜食の健康上の科学的エビデンスが国際的に評価されはじめています。

18/10/26 本協会後援 第2回Vegan Fest Toyamaの報告がブログにアップされました。

18/10/18 本協会後援 第7回ミートフリーマンデー・ナイトの報告がブログにアップされました。

18/10/15 日本ベジタリアンアワードにノミネートされたローフードシェフのいけやれいこさんがフードジャーナル10月号「今日は、ベジ気分!」に紹介されました。

18/10/11 本協会主催 東京研究会 「T・コリンキャンベル博士来日記念講演上映会」および「日本ベジタリアン学会認定アドヴァイザー講座」の報告がブログにアップされました。

18/10/04 日本ベジタリアンアワード審査委員に大賞受賞者
日本ベジタリアンアワード(JVA)を主催する委員会の新たな委員が次の通り決定しました。
鶴田静(第1回JVA大賞受賞)、大谷ゆみこ(第2回JVA大賞受賞)、西尾俊治(フードジャーナル社社長)、高井明徳(ベジタリアン学会会長)、垣本充(協会代表・JVA委員長)の5名が、第4回JVAの審査や運営等全般を担います。第4回JVA授賞式は2019年6月16日に大阪国際会議場で開催されます。

18/10/01 東京都庁の職員食堂にベジメニューが導入されました。このニュースは英国のMFMサイトでも東京都庁のベジメニュー導入にポール・マッカートニーが協力したと報じ、小池百合子知事は「多様性を尊重した環境の中で誰もが食事を楽しめる街としての東京の魅力を高めることを願っています。ポールの提案に勇気付けられて、東京都庁でベジメニューを提供します。(中略)有難うございました。」との寄稿が紹介されています。

18/09/28 国際的NPOのProVegが指導したドイツのヴィーガンスクールの給食への取り組みに、健康と環境に良い影響を与えるとして、国連が「Climate Action Award(気候行動賞)2018」を授与しました。

18/09/27 『PRESIDENT』プレジデント誌9月号で「完全菜食メニュー急拡大・国内大手も追いかける」のタイトルで国内でも大手飲食チェーンがメニュー対応。

18/09/19 「日本ベジタリアンアワード2017大賞」受賞の大谷ゆみこさんが11月11日に3年ぶりに講演会を開かれます。大谷さん主宰の「つぶつぶ料理教室」はビーガン食の優れた調理指導により日本ベジタリアン学会指定校に選定されました。

18/09/15 日本ベジタリアンアワードにノミネートされた玄genの正司純さんがフードジャーナル9月号「今日は、ベジ気分!」に紹介されました。

18/09/11 東京都主催「外国人旅行者受入セミナー」において、外国人の多様な習慣・制限への対応のベジタリアンに関して、垣本充代表、余語啓一理事が講師を務めることになりました。加えて、外国人旅行者受入アドヴァイザーとして郷田未来評議員が、実地研修には協会認定レストラン「自由が丘T’sレストラン」が選出されました。

18/09/05 NHKTVごごナマ「豆腐は世界でも大人気!」で、日本豆腐マイスター協会代表理事で本協会評議員の磯貝剛成さんが出演されました。

18/09/05 岐阜市のぎふ清流文化プラザで、岐阜県主催「ハラールチャレンジプロジェクト2018」の一環で「ベジタリアンの基礎知識」と題した講演を垣本代表が行いました。

18/08/23 JICA(国際協力機構)の途上国課題解決型ビジネス調査に、不二製油グループ本社が提案した『ブルキナファソにおける栄養改善及び女性の収入向上のための大豆食品バリューチェーン構築ビジネス(SDGs)調査』が採択されました。なお、不二製油は第1回日本ベジタリアンアワード企業賞を受賞されています。

18/08/15 日本ベジタリアンアワードにノミネートされた佐藤陽子さんがフードジャーナル8月号「今日は、ベジ気分!」に紹介されました。

18/08/08 本協会主催 JPVSベジクッキングセミナー・東京の報告がブログにアップされました。

18/07/26 『月刊総務』8月号に、内閣府食堂のベジメニューが掲載され、本協会評議員の小城徳勇さんがイラスト入りで紹介されました。この雑誌は全国各企業の総務部で広く読まれているので、この記事が一つの刺激となり、各社食でのベジメニュー導入の動きにつながることを期待しています。

18/07/24 米国全国紙【USA TODAY】は「セレブの投資家のために加熱する食品産業」の見出しで、ビヨンセやビル・ゲイツなどがオーガニックやベジタリアン食品製造会社に投資していると報じました。

18/07/24 【OPINION】 べジ・ヴィーガン食品の国際基準
日本ベジタリアン協会は消費者目線で国際基準のベジ・ヴィーガン食品推奨を行います
  英国では食品会社やレストランなどによるベジタリアンのマーク表示が横行し、中には曖昧で不適切なものがあり社会問題化しました。これをうけて、英国政府食品基準庁(FSA)は2006年に英国ベジタリアン協会やヴィーガン協会との協議を重ねベジタリアン・ヴィーガン食品表示のためのガイドラインを作成。 2010年にはEUもこれを継承し、これに違反するものは訴訟できるとされています。
  本協会は日本ベジタリアン学会(日本学術会議協力学術研究団体)に所属する医学、農学、理学などの博士号を有する専門家によって構成されるJPVS推奨委員会でEUのガイドラインと英国協会の表示規約に倣って推奨商品を審査しています。
  しかし、東京オリンピック・パラリンピックを迎えようとしている現在、我が国で時代に逆行するような問題が起きています。ある団体が認証するヴィーガン商品は「原材料に動物性食品と蜂蜜、それらに由来する物を含まない製品」としていますが、遺伝子組み換えやコンタミチェックを行わない表示は欧米など国際的にはヴィーガン商品と認められず、「動物性不使用」の表示が適切とされる商品です。この団体が2 年前に本協会を来訪された際、英国での2006年問題に関する下記資料などを提供して国際基準のべジタリアン・ヴィーガン表示に関して説明を行いました。にもかかわらず、日本の法令に抵触しないからと業者寄りで消費者軽視と思われる曖昧な表示を行うことに対して疑問を感じます。
  この25年にわたりベジタリアニズム・ヴィーガニズムを啓発してきた市民団体の社会的責任として、本協会はあらためて消費者視点に立った国際基準のベジタリアン・ヴィーガン食品推奨を行って参ります。
参考資料URL: https://www.vegsoc.org/foodlabelling/・参考資料・日本語訳

18/07/24 本協会主催 大阪ベジ研究会の報告がブログにアップされました。

18/07/15 日本ベジタリアンアワードにノミネートされた日本ベジタリアン学会評議員の松原広幸さんがフードジャーナル7月号「今日は、ベジ気分!」に紹介されました。

18/07/06 肉を食べないベジタリアン向けや、アレルギー対策で開発された「大豆ミート」などの代替食品。近年では味や食感が向上し、カロリーの低いヘルシーな食品としても注目されている。良質なタンパク質としてのニーズも高く、不二製油グループ本社は大豆由来の「植物肉」の商品展開を目指す。(株式新聞Webより)

18/06/26 本協会主催 FESTA2018(大阪国際会議場) の報告がブログにアップされました。

18/06/15 第3回日本ベジタリアンアワードでカフェ・レストラン賞を受賞されたLovingHutの吉井理恵さんがフードジャーナル6月号「今日は、ベジ気分!」に紹介されました。

18/06/09 本協会の垣本代表がWHO国際ガン研究機関(IARC)での研修経験により「ガンと菜食₋ガン発症のメカニズムを学ぶ₋」の講演を、SDA大阪センター教会で行いました。

18/05/22 本協会後援 名古屋ビーガングルメ祭りの報告(鶴舞公園)がブログにアップされました。

18/05/15 第3回日本ベジタリアンアワードでYOGA賞を受賞された小上陽子さんがフードジャーナル5月号「今日は、ベジ気分!」に紹介されました。

18/05/12 ハーバード大学医学部のウォルター・ウィレット教授は第4回国際バチカン公会議で、早期死亡者の1/3は植物ベースの食事への転換で予防できる研究を発表しました。

18/05/11 ANA Group Information (国際版:英語・中国語)で日本ベジタリアンアワード2018企業賞受賞が紹介されました。

18/05/05 本協会主催京都JPVSベジクッキングセミナー(長岡京市生涯学習センター)の報告がブログにアップされました。

18/04/27 本協会後援 東京ビーガングルメ祭りの報告(木場公園)がブログにアップされました。

18/04/21 フジテレビ「にじいろジーン」で、日本ベジタリアンアワード企業賞受賞・本協会認定レストランの「T’sレストラン」が特集され、T’sレストラン常連の三宅裕司さんがロースト野菜やベジカレーなどビーガン料理を紹介しました。(価格.com紹介記事)

18/04/16 日本ベジタリアンアワード大賞受賞の大谷ゆみこさんと料理家賞受賞のの郷田優気さんがオーストリア・ ヴァンバド・ウィラハの調理師養成校で日本型ヴィーガン料理を指導したことが国営放送で報道されました。

18/04/15 第3回日本ベジタリアンアワードで企業賞を受賞されたANAの鳥巣奈美子さんがフードジャーナル4月号「今日は、ベジ気分!」に紹介されました。

18/04/11~13 東京ビッグサイトでのFABEX2018合同開催「ハラールマーケットフェア・ベジタリアンフードコーナー」に協賛企業6社と出展。総来場者は7万8千人で、垣本代表の講演は満席で立ち見が出るなど、ベジタリアンフードへの大きな関心を感じた食の祭典でした。

18/04/05 NHKテレビ連続特番「NHKスペシャル」の第4回「『人体』神秘の巨大ネットワーク 腸-万病撃退 腸は免疫の鍵であった-」において、腸内細菌が免疫力を高めるのに食物繊維が有益であり、菜食の重要性が紹介されました。

 

>> 以前のニュースを見る

 

 

ベジタリアン協会 入会者のメッセージ (新着順)

※ 個人が特定されないようにメッセージを抜粋して掲載しております。

▼福岡県(女性)

菜食を始めて一年が経ち、自身の生活スタイルがある程度固まってきたので、自分以外の菜食者とも関わりを持ちたいと思い入会を希望しました。福岡在住のヴィーガンです。

▼熊本県(男性)

人間が生きていくことは、他の多くの生命の犠牲の上に成り立っていることをあまり考えることもなく、これまで生きてきました。あまりにも無知でした。申し訳なかったと思っています。これからは環境や他の生命に可能な限り負担をかけないような生活を目指していきます。そしてあらゆる生命にもっと慈悲深くありたい。

▼東京都(男性)

幼い頃からの生き物好きが高じて、生き物を愛する一方で、 肉食をしている矛盾に気づかされました。シェリーやショー、 宮沢賢治など有名なベジタリアンの方々の影響も受け、 動物の権利を広げていくために、 大学時代からベジタリアンとなりました。

▼山形県(男性)

犬を飼い始めたことがきっかけで動物保護に興味を持ち、 更にベジタリアンになり約1年が経ちました。ベジタリアン協会のHPを見て環境保全にも興味を持ちました。 周りに同じ考えの人がほとんどいません。ベジタリアンの方、 同じ考えの方と交流し、 知識を深められたらと思い入会を考えました。

▼大阪府(女性)

ベジサポ隊のクリスマスパーティーが楽しかった。ガチなveganでなくとも参加できると知り入会を決めました。

▼大阪府(女性)

ビーガンを目指してみたいなぁと最近思い始め、 様々な情報収集ができたらいいなぁと思い申し込んでいます。

▼佐賀県(男性)

「人は牙を持たない!肉食動物ではない!」事に気付き、以来、肉を一切食べなくなりました。

▼東京都(女性)

長らく料理を趣味にしながら食の安全を独学で学んだ結果、ラクト・オボ・ベジタリアンになりました。生命倫理に関する価値観の変化と環境への配慮がその主な理由です。類似の考えを持つ方々と交流し、いろいろ学んでいきたいと思い、入会を申し込みました。

▼福岡県(女性)

健康を、見据えてベジタリアンを研究したい。野菜って結構おいしい。じーと野菜みてるといろんな事考えれる。無理しなくて、スローな時間も受け入れられる。ドタバタしなくて生きていける。そんな気分になれます。

▼千葉県(男性)

ヨガを継続しているうちに菜食に興味を持ちました。

▼埼玉県(女性)

ベジタリアンの方と交流をもちたいと思いました。

▼愛知県(男性)

人らしい食事をして生命について思いを馳せたいと思いビーガンになりました。身近に菜食の意義を理解してくれる人たちがおらず、孤立していました。入会を機にいろいろな情報を得て、機会が得られれば、研修会や講演会に参加して交流を深めていきたいと思います。

▼東京都(女性)

我が家はペスコヴェジタリアンです。しかし近年の海洋汚染や乱獲を知るにつけ、ヴィーガンに移行したいと思っていました。また、私が繊維筋痛症に罹患したのもヴィーガンに移行する決心を後押ししてくれました。入会動機はやはり情報と仲間がほしいという思いからです。

         

▼福島県(女性)

ビーガンで生活の中で色々直面する問題点を皆さま仲間と情報の交流や知識によって一緒に考え日本人の伝統文化である穀物菜食の素晴らしさを分かち合い社会貢献したいです。

         

▼広島県(男性)

ポール・マッカートニーや故リンダ・マッカートニーさんと同じく、動植物の生命を絶したくないとの想いが根底にあります。

       

▼東京都(男性)

日本のベジタリアン事情に強い関心があるため

    

▼大阪府(男性)

ベジタリアンについて理解を深めたい。

▼東京都(男性)

ベジタリアン歴9年になります。ベジタリアンを深く研究すべく入会させて頂きます。

▼大阪府(男性)

ベジタリアン料理に興味をいだき、もどき料理勉強中です。

▼神奈川県(女性)

体調管理のため、一年前からベジタリアンに移行を始めております。どうぞ、よろしくお願いいたします。

▼東京都(女性)

お肉が食べられなくなり、ベジタリアンの世界をもっと知りたいと思ったので。

▼東京(男性)

肉食が世界に与える影響を知り、自分に出来ることをしたいと思った。

▼埼玉県(女性)

菜食主義を続けたいと思い、地球を救いたい。

▼神奈川県(女性)

いろいろな情報を得られること。また普及活動にも出来る範囲内で参加したい。

▼神奈川県(女性)

私は健康面および地球環境保護の観点から菜食主義に同意しています。付き合い程度に動物性食品を摂ることはありますが、これも現代社会で生活するには仕方のないことかと思っています。でも、菜食主義者がレストランで注文できるメニューが一般的にあるような世の中にしていけたらいいなと思っています。

▼愛知県(女性)

食に対して安全性が危ぶまれている今日に正しい知識を持ち、一人でも多くの人に真の健康を手に入れてもらえるように働きかけをしていきたいからです。

▼京都府(男性)

自身がビーガンで、少しでも多くの人が理解、共感してもらえるよう活動したい。

▼東京都(男性)

ベジタリアンになって9年が経過しました。一昨年はナチュラルフードコーディネーターという資格を通信教で取得し、マクロビの学校へも通いました。今の趣味はべジクッキングで、時々Facebookに作った料理を掲載して、「いいね」をもらうことが1つの楽しみです。

▼東京都(女性)

協会のGlassWalls(上映会)を見て食事会にも参加させていただきました。協会の方がどのような方なのか大変失礼ながら気になっていたのですがとてもいい方々と感じましたし、会員の方も同様で安心できたこと、また入会することでより皆さんとの繋がりがもてる(仲間ができる)ことへの期待と、協会から昨夜のようなDVDの情報などを教えていただけることも動機になります。情報過多の現在、信用できる情報とそうでないものとある気がします。何かと教えていただくことばかりになるかと思いますが勉強させていただきたいのでどうぞよろしくお 願いします。

▼奈良県(男性)

脳梗塞という病気になった時に、自分と関わった人とどう向き合うか、人を大切に思う心がとても大切であるそして、自分に何が出来るのか?人にとことん付き合う心が必要と思った。そのためにも自分が健康でいなきゃいけないと。

▼長野県(男性)

妻の病気をきっかけに、食と病気の関係に強い関心をもち、菜食主義の重要性に気づいたので。妻の知り合いから借りたDVD「フォークオーヴァーナイブズ」で、肉食(牛、豚、鳥、等)を断ちたいと思った。

▼宮城県(男性)

半年前から、ヴィーガン生活をしております。日常生活において苦労することも多々ありますが、挫折せず頑張っております。他のベジタリアンの方はどうしているのか知りたくて、入会を希望させていただきました。

▼埼玉県(女性)

ヨガやネパールボランティアの経験を経て、食べ物の重要性を深めたいと感じた。

▼東京都(女性)

5~6年前にベジタリアンになり、ヴィーガンホームクッキングにも何度も参加させて頂きました。その生活の中で菜食の良さを実感し、多くの人にその良さを伝えたい、伝えるお手伝いをしたい、多くのベジタリアン仲間と情報交換したい等々という思いがとても強くなり、入会を希望しました。

▼兵庫県(男性)

学生時代に屠畜の動画を観て衝撃を受け、「人間は動物を殺さないと生きていけない罪深い存在なんだ」という諦めにも似た気持ちでいましたが、ベジタリアンという選択肢があることを知り、そうした生き方に近づきたいと考えたため入会を希望しています。

▼埼玉県(女性)

私の周りには 食に関心の多い人は 数多くいるのですが、完全なベジタリアンはいないので、こちらの協会に入ることによって、いろいろな情報を得たり、ベジタリアンの方とお知り合いになれればいいなと思い、申し込むことにいたしました。

▼山梨県(男性)

ヴィーガン・ベジタリアンが周りにいないので、いろいろ話せる知り合いができたらなと思いました。

▼神奈川県(女性)

最近食生活を見直していく中で、野菜の大切さを改めて知りました。これから上手に付き合っていきたいです。

▼東京都(女性)

健康管理士の資格を取り、健康と食生活への関心が高まる中、ベジタリアンという食生活を取り入れたいと考えるようになり、協会組織を知りまして入会をしたいと考えた次第です

▼東京都(女性)

私は海外でヴィーガン生活をしていたのですが、今年の三月に日本に帰国しまして、あまりヴィーガン・ベジタリアンが周りにいないことに驚き、入会したいと考えました。あと、私は日本最年少として2016年にエベレスト登頂を目指していて、このような食生活の魅力をもっと私の活動などからアピールしたい、そんな想いが主な入会の動機です

 

>> 以前のコメントを見る

 

 

 

PageTop

 

日本ベジタリアンアワード

第4回日本ベジタリアンアワード
最新情報!

 

つぶつぶ料理教室

 

東京都主催「ムスリム等外国人受入環境整備セミナー」

 

中国地方ベジタリアンガイドマップ

 

ベジタリアンマイスター認定

 

vegetarian-ism

 

vegetablecarry

 

SBカレー

 

ベジ食通販市場

 

日本ベジタリアン学会

 

ミートフリーマンデー

 

ミートフリーマンデーベジジャパン

 

プレッジ

 

Facebook

 

ブログ

 

ツイッター

 

ハラル協会

 

日本ベジタリアン協会

協会概要

日本ベジタリアン協会事務
〒532-0003
大阪市淀川区宮原1-19-23
ステュディオ新御堂1317号室
TEL: 06-6868-9860
受付時間: 10:00~16:00
(土日祝・盆・年末年始を除く)

ベジタリアン生活応援サイト集

 

海外に見るベジタリアン運動

 

20周年Tシャツ

 

ポール京都

ハラルマーケットフェア

 


本協会後援イベント

   

日本ベジタリアン協会バナー